ナオじいちゃんの本日も晴天なり

 隣りのトメさんがやって来ました。 「ナオじいちゃん、最近の天気はおかしいと思わないか?」 「そうだな、おかしいと言えばおかしいし、おかしくないと言えばおかしくない」 「禅問答じゃないんだから」 「すまん、すまん」 「最近は、気温にしろ雨風にしろ、変化が大きくなっているのは確かだな」...
 隣りのトメさんがやって来ました。 「ナオじいちゃん、おれは怒っているんだ」 「来るそうそう、なんだな!」 「ロシアのやろうでっさ」 「あのプーチンと云うやろうが、何の罪もない人を殺めているんだよ」 「これが怒らずにいられるかって」 「まあまあ、お茶でも一杯どうかね」...
 孫の勇くんがやって来ました。 「ナオじいちゃん、こんにちは」 「ほう、勇か」 「今日はどうした?」 「社会貢献ってどんな事?」 「この前友達に言われたんだけど、お前天理教だろう、社会貢献してるかって」 「そうだな、宗教法人は国の税金を免除されているから、公益性のあることをしなければならないな」...
 隣りのトメさんがやって来ました。 「ナオじいちゃん、今日はチョッと聞きたいことがあってさ」 「ほう、なんだい」 「巷ではSDGsと云う言葉が流行っていてるようなんだけど、どういう事なんだろうね」 「物知りのナオじいちゃんなら分かるかと思ってね」...
 隣りの健太君がやって来ました。 「ナオじいちゃん、こんにちは」 「久しぶりだな、健太」 「何かと忙しくてね、と云っても最近はコロナの影響で暇になったんだ」 「健太のところもそうなのか?」 「うちは、補助金を貰っていろんなイベントをやっているんだけど、コロナ禍で人が多く集まるのは自粛することになって、仕事が急に減ってしまったんだ」...
 隣りのトメさんがやって来ました。 「よう!ナオじいちゃん、いるかい」 「トメさんか、今日はどうしたね」 「どうしたもこうしたもないやね、コロナで自粛自粛、家から一歩も出ることが出来ないやね」 「パチンコにも行けない」 「ほう、それは良かった。小遣いが減らずに済んだ」 「からかわないで下さいよ」...
 孫の雄介君がやって来ました。 「ナオじいちゃん、明けましておめでとうございます」 「おめでとう、元気だったか?」 「うん、元気だよ。ナオじいちゃんも元気そうだね」 「わしは百十五歳まで生きるから、まだまだ元気じゃぞ」 「じつは僕、高校でボランティアクラブに入っているんだけど、今活動が出来ないんだ」...
 孫の勇君がやって来ました。勇君は家が天理教の教会で、一応教会長後継者になっています。  勇君は悩むとナオじいちゃんの所にやって来ます。 「ナオじいちゃん、こんにちは!」 「勇か、今日も元気がいいな」 「うん、僕は元気だけが取り柄だからね」 「でも、今日は空元気なんだ」 「どうした」...
 久しぶりに孫娘の治子さんがやって来ました。  治子さんは社会人です、某商社に勤めています。 「ナオじいちゃん、テレワークって知ってる?」 「自宅にいて仕事をする、やつだろ」 「そう、うちの会社もコロナ禍で、出勤せずに在宅勤務することになったの」 「治子は今どんな仕事をしているんだ?」 「食品関係の営業」...
 久しぶりに孫娘の直子さんがやって来ました。 「ナオじいちゃん、教えるのって難しいね!」 「どうしたんだ、直子」 「今、クラスに問題児が一人居てね、ミノル君と言うんだけと、なかなか授業に付いていけないの」 「一人だけ置いていくわけにもいかないし、かと言ってミノル君が分かるまでやると他の子は先へ進めないし」...

さらに表示する