ナオじいちゃんの本日も晴天なり

 孫の雄介君がやって来ました。 「ナオじいちゃん、明けましておめでとうございます」 「おめでとう、元気だったか?」 「うん、元気だよ。ナオじいちゃんも元気そうだね」 「わしは百十五歳まで生きるから、まだまだ元気じゃぞ」 「じつは僕、高校でボランティアクラブに入っているんだけど、今活動が出来ないんだ」...
 孫の勇君がやって来ました。勇君は家が天理教の教会で、一応教会長後継者になっています。  勇君は悩むとナオじいちゃんの所にやって来ます。 「ナオじいちゃん、こんにちは!」 「勇か、今日も元気がいいな」 「うん、僕は元気だけが取り柄だからね」 「でも、今日は空元気なんだ」 「どうした」...
 久しぶりに孫娘の治子さんがやって来ました。  治子さんは社会人です、某商社に勤めています。 「ナオじいちゃん、テレワークって知ってる?」 「自宅にいて仕事をする、やつだろ」 「そう、うちの会社もコロナ禍で、出勤せずに在宅勤務することになったの」 「治子は今どんな仕事をしているんだ?」 「食品関係の営業」...
 久しぶりに孫娘の直子さんがやって来ました。 「ナオじいちゃん、教えるのって難しいね!」 「どうしたんだ、直子」 「今、クラスに問題児が一人居てね、ミノル君と言うんだけと、なかなか授業に付いていけないの」 「一人だけ置いていくわけにもいかないし、かと言ってミノル君が分かるまでやると他の子は先へ進めないし」...
 隣りのトメさんがやって来ました。 「ナオじいちゃん、コロナウィルスが流行っているね」 「そうだな、世界で大流行しているな。日本でもどんどん増えていくだろうな」 「うちのかかあは俺に、外出自粛だから飲み屋に行っちゃいけないと言うんだヨ」 「こちとら、一杯やるのが唯一の楽しみだっていうのにさ」 「コロナはトメさんの楽しみまで奪ったか!」...
 今日は孫の陽太郎がやって来ました。 「ナオじいちゃん!元始まりの話って知ってる?」 「この世の元は泥の海であった、と云う話じゃな」 「そうそう、大蛇がどうの、亀がどうの、と云う話」 「うむ、これは人間を造った十人の神様の話じゃ」...
 ナオじいちゃんと隣のトメさんの話の続きです。 「教会で月次祭に九つの鳴物を演奏するのは、以前に話した人間のからだの九つの道具の理を表している」 「つまり、人間は目耳鼻口両手両足そして男女一の道具を使って、陽気ぐらしをすることが出来る。それをおつとめで表すために九つの鳴物があるのじゃよ」 「へえ、そうですか」...
 ナオじいちゃんと隣のトメさんが、将棋を指しながら話をしています。 「トメさん、人間には九つの道具があるのを知っているかな」 「九つですか?なんだろう!」 「顔に四つあるな、目と耳と鼻と口の四つだな」 「手が二つで足が二つ、合計で八つ」 「最後の一つは何ですか?」 「お前さんの好きなものだよ」...
 隣のトメさんがやって来ました。 「ナオじいちゃん、居るかい?」 「おー、トメさんか」 「なむあみだぶつ、とか、なむみょうほうれんげきょう、とか、最初の『なむ』というのはどういう意味なんですかい?」 「子供が神様や仏様を拝むときに『なむなむする』と言ったりするな」...
 陽太郎君がまたやって来ました。 「ナオじいちゃん!今日も聞きたいことがあって来たんだ」 「うん、何だい」 「お母さんが、『あなたも中学生になったんだから、教会に日参しなさい』って言うんだ」 「お前も中学生になったか、最近までヨチヨチ歩きしていたと思ったら、早いもんじゃの」 「それはいいけど、日参って何?」 「お前、日参を知らないのか」...

さらに表示する