ナオじいちゃんの本日も晴天なり

 孫の勇くんがやって来ました。 「ナオじいちゃん、こんにちは」 「ほう、勇か」 「今日はどうした?」 「社会貢献ってどんな事?」 「この前友達に言われたんだけど、お前天理教だろう、社会貢献してるかって」 「そうだな、宗教法人は国の税金を免除されているから、公益性のあることをしなければならないな」...
 隣りのトメさんがやって来ました。 「ナオじいちゃん、今日はチョッと聞きたいことがあってさ」 「ほう、なんだい」 「巷ではSDGsと云う言葉が流行っていてるようなんだけど、どういう事なんだろうね」 「物知りのナオじいちゃんなら分かるかと思ってね」...
 隣りの健太君がやって来ました。 「ナオじいちゃん、こんにちは」 「久しぶりだな、健太」 「何かと忙しくてね、と云っても最近はコロナの影響で暇になったんだ」 「健太のところもそうなのか?」 「うちは、補助金を貰っていろんなイベントをやっているんだけど、コロナ禍で人が多く集まるのは自粛することになって、仕事が急に減ってしまったんだ」...
 隣りのトメさんがやって来ました。 「よう!ナオじいちゃん、いるかい」 「トメさんか、今日はどうしたね」 「どうしたもこうしたもないやね、コロナで自粛自粛、家から一歩も出ることが出来ないやね」 「パチンコにも行けない」 「ほう、それは良かった。小遣いが減らずに済んだ」 「からかわないで下さいよ」...
 孫の雄介君がやって来ました。 「ナオじいちゃん、明けましておめでとうございます」 「おめでとう、元気だったか?」 「うん、元気だよ。ナオじいちゃんも元気そうだね」 「わしは百十五歳まで生きるから、まだまだ元気じゃぞ」 「じつは僕、高校でボランティアクラブに入っているんだけど、今活動が出来ないんだ」...
 孫の勇君がやって来ました。勇君は家が天理教の教会で、一応教会長後継者になっています。  勇君は悩むとナオじいちゃんの所にやって来ます。 「ナオじいちゃん、こんにちは!」 「勇か、今日も元気がいいな」 「うん、僕は元気だけが取り柄だからね」 「でも、今日は空元気なんだ」 「どうした」...
 久しぶりに孫娘の治子さんがやって来ました。  治子さんは社会人です、某商社に勤めています。 「ナオじいちゃん、テレワークって知ってる?」 「自宅にいて仕事をする、やつだろ」 「そう、うちの会社もコロナ禍で、出勤せずに在宅勤務することになったの」 「治子は今どんな仕事をしているんだ?」 「食品関係の営業」...
 久しぶりに孫娘の直子さんがやって来ました。 「ナオじいちゃん、教えるのって難しいね!」 「どうしたんだ、直子」 「今、クラスに問題児が一人居てね、ミノル君と言うんだけと、なかなか授業に付いていけないの」 「一人だけ置いていくわけにもいかないし、かと言ってミノル君が分かるまでやると他の子は先へ進めないし」...
 隣りのトメさんがやって来ました。 「ナオじいちゃん、コロナウィルスが流行っているね」 「そうだな、世界で大流行しているな。日本でもどんどん増えていくだろうな」 「うちのかかあは俺に、外出自粛だから飲み屋に行っちゃいけないと言うんだヨ」 「こちとら、一杯やるのが唯一の楽しみだっていうのにさ」 「コロナはトメさんの楽しみまで奪ったか!」...
 今日は孫の陽太郎がやって来ました。 「ナオじいちゃん!元始まりの話って知ってる?」 「この世の元は泥の海であった、と云う話じゃな」 「そうそう、大蛇がどうの、亀がどうの、と云う話」 「うむ、これは人間を造った十人の神様の話じゃ」...

さらに表示する