ニュース

ニュース · 2021/07/03
母の膝が悪化したので、神殿に置いてある椅子を交代させることにした。 今まで頑張ってくれていたのだが、何せ座高が25センチと低いために、後退せざるを得なかった。 新しい椅子は、軽くて、背もたれとひじ掛けがあり、座高が10センチ高くなったのだ。 かくて、選手交代、いや椅子の交代となった。 母は満足の様子だった。...
ニュース · 2021/06/02
今年も92歳の母は野菜作りをするそうだ。 母は実家が農家で子供の頃から畑仕事をしてきた人だ。 この冬の大雪で畑の柵が壊れてしまったので、土留めとしてブロックを設置した。 昨日、姉夫婦が畑を起し苗を植えてくれた。 綺麗になった畑を見て喜ぶ母の姿を見ると、何ともいわれない。 左の列が茄子、真ん中がトマトとピーマン、右の列が胡瓜が植えられている。
ニュース · 2021/02/06
 今年のおみくじは  「俺が/\というは、薄紙貼ってあるようなもの。先は見えて見えん。」  不思議なほどに毎年当たっている。  私は、自分がやらなければ、と云う思いが強い。高慢が出やすい性格だ。  今年は控えめに行こう。  それと、まず相手の話を聴くことに努めよう。
ニュース · 2021/02/06
 青森では氷のつららのことを「すがま」と言います。  屋根の軒先につららが出来て、屋根の雪が解けた水が天井から落ちることを、すが漏りと言います。  我が教会も雪が降るとすが漏りに悩まされます。  最近は万全の対策を取るようになりました。神殿の畳が汚れる事だけは避けたいのです。...
ニュース · 2021/01/26
除雪君の家
除雪君の家がつぶれて居場所がなくなった除雪君ですが ちょうど良い場所が有りました 車庫の隣りの物置を片づけると、丁度良いスペースが出来ました 不要な物の整理も出来、一石二鳥でした パイプ車庫が壊れたので、どうにかしようと考えたら 車庫の隣りの物置に気が付いたのでした 失敗は成功の基でもありました
ニュース · 2021/01/11
青森は六年ぶりの大雪 屋根の雪庇が大きくなり予想以上の重さになったようだ この雪庇が落ちて、除雪君の家を潰してしまった 建てる場所を間違えてしまった 車などの邪魔にならない場所と思った所が 落雪注意場所だったのだ
ニュース · 2021/01/06
我が家の除雪機「除雪君」の家が出来ました。 今まではカバーを被せていましたが、雪が掛かると大変です。 そこで、自転車用のパイプ車庫を除雪君の家にしました。 自転車6台用なので、少し広めです。 コンパネで床も付けました。 心なしか除雪君も喜んでいるようです。(笑)
ニュース · 2021/01/03
我が家の除雪を楽にしてくれる最終兵器が来ました。 除雪機です。 エンジンの力で雪を飛ばしてくれる優れモノ。 テレビのコマーシャルでもよく見かけますが、簡単なようでこれが結構難しいのです。 私は不器用なので特にそうかもしれません。 お店の方に説明してもらったのですが、実際にやってみると操作の手順を間違えたりして、あたふたしてしまいます。...
ニュース · 2020/12/30
母が段差のある所を上り下りするのが大変になってきました。 教会では朝夕におつとめをしますが、上段の上り下りをします。 たった十六センチですが、膝が悪いので苦労しています。 いつだったか上段に上がろうとしてバランスを崩し倒れました。 それで、高さ十センチの補助台と補助手すりを準備しました。 上り下りが楽になったようです。
ニュース · 2020/12/30
 雪が一週間近く降り続き、雪を捨てる場所が無くなってきました。  我が家は路地の奥のため、雪を捨てる場所は側溝しかありません。でも、この側溝は生活排水のための側溝で、水は流れていないため、すぐ雪が詰まってしまいます。  そこで、昔設置したロードヒーターが役に立ちました。...

さらに表示する